読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびり、ふんわか。

将来の夢は「アリとキリギリスのキリギリス」「生活が豊かで幸せになる隠遁者」。旅行と、おいしいものが大好きな男が、のんびり、ふんわかした生活をと思う日常から思うことを綴っていきます。

防寒具について考える。

グローバーオールの512Cを買い足してから一週間たった。

関東の平野程度では、「着れば暖かい」「着たら汗かく」程度しか実感できず(12月で最高気温+10度越えあり)、「服装が悪いと凍死までの時間が変化する」気温(-20度未満)の世界で使用していないので、まだ何とも言えない。

 

既に持っている512Cを今年2月頭、北海道内陸部(女満別空港近辺とか、士別とか。か。-15℃前後)に着用していったが、「膝下が寒くて長時間は耐えられない」という印象であった。

(これを、膝下までないのが悪いとも評価できるが、上半身は耐えうるとも評価できる。)

 

さて、関東の街行く人を見てて思うこと。

「寒い寒い」いう者が多いが、丈の短いコートを着ていたり、ダウンジャケットを着用していない者も多い。

そりゃ寒い、となるが、あえて真面目に考察する。

 

1.もっとあったかい物を知っているが、着用しない。

 ・買えない。

 ・買えるけど、着たくない。

2.もっとあったかい服装を知らない。

 

2.については、もっと寒冷地に訪れたり、服装について知ればよいのにと思う。

1.について、もっとあったかい服を買えない人は、もらうなりという手段があると思うが、必ずしも着用できるという結果になるとはいえないから、何とも言えない。

 

しかし、もっとあったかい服を持っているけど着たくない、問のはどうなのだろう。

ドレスコード?とも思うが、ペラペラのコートを着て「寒い」というのは、何か間違っている気がする…。

もっと適切な防寒しないと、風邪でも引きますよ。